断捨離してスッキリ決める

普段からものは欠けるようにしているので捨てるものは決してありません。
いいえ、本当は子の玩具はすごく捨てたいのですが、それは子のものですし、私もなければないで困るのでそれはそのままにしておいています。
ですが、何しろ一段と最少までものが減らしたいと思っているのと、トータル自分の愛するものだけを保ちたいと思っているのです。
昨今持ち合わせるものは統一性がないのでよく気に入っていないのもありますし、ウエアもウォークインクローゼットがゴチャゴチャしてきそうな先入観なので整理したいのです。
なので断捨離してあっさりしようと頑張っています。

炊き込みランチタイムその二

その炊き込み食事がまえです留まるのですが、瑞々しいと、おにぎりに出来ないのでしたっけ。
摂る顧客がいるかが問ですが、自分が食べればいいのでしょうね。
それだけの事ですけど。
自分の調理って誰も食べないのですから、困ったものです。
そういえば炊き込み食事って、チャーハンとかの構想がきかないという不具合は居残るにはありますね。
困ったものです。
食べきってしまえばいいのに、今日は女子は昼めしといってあり、あまり食べておらず、パパも粗食が入っていて、熱く困ってしまうね。
およそ自分が夜に食べようと思いました。

固め技量で勝ったときの素行

我々が中学の時の話です。私の中学生では、年々冬になると柔道の教科が行われます。柔道着の付け方にはじまり、礼儀、一般人登録など多くのことをやります。勿論、様々な手の内も覚え、真にやります。最初は固め手の内からです。ペアを組んで練習しますが、粗方特訓が終われば、その客という固め手の内限定の戦争を行います。私の客は活動神経が素敵なので、敗れるかなと思っていましたが、勝ってしまいました。何の手の内によるかまでは覚えていませんが、勝利することができたのです。個々から凄い相手に勝ててとても嬉しかったです。これによって柔道が少しだけ面白くなりました。
残念ながら固め手の内で勝てたのはこういう1回のみでしたが、でも勝つことができて嬉しかったです。

近所のコンビニエンスストア

近所のコンビニエンスストアっていつも使うので重要ですよね。
新居を決めるときは最寄りのコンビニエンスストアを見るとその実情等々が垣間見れるのです。
例えば夜中にそっちのコンビニエンスストアの前にガラの酷いユニットがたむろしているようなら、そのへんの治安や原住民階層の低さが見て取れます。
また、コンビニエンスストアの店員さんがどんな人かも重要ですね。
コンビニエンスストアってたいていいつも同じ時間に行きますよね。それなのに妙な店員さんだと最悪ですよね。
アマゾンなどの通販で利用することもありますし、コンビニエンスストアってニックネームの通り何でも屋氏ですしね。みなさんもコンビニエンスストアチョイスは気を付けて。