近くと遠くを交互に見る休息方法もおすすめです。やり

近くと遠くを交互に見る休息方法もおすすめです。やり方はシンプルで、30センチ程度の距離と3メートル程度離れた場所に目標物を決め、5~10秒経つごとに交互に見つめるだけです。こんな簡単なことをやるだけで、近距離にピントが固定されてしまった状態を軽くすることができます。「左右の視力が違うと眼精疲労の症状になる」ことを聞いて、どう思ったでしょうか?普通の生活ではあまり意識しませんが、人間の右と左の視力は違うケースが多いです。
その右と左の視力の違いが眼精疲労の原因の一つになるのです。
そこで、普段のセルフケアが大切になります。眼精疲労を軽減させるためのケアはどうか毎日続けてください。あなたの両目を眼精疲労から守り、健康な目にする一番の方法なのです。
ケアし続けることだけが眼精疲労を治療するために必要な方法なのです。
パソコンを使った作業を継続させると、まばたきが減ります。そうすると、涙が目の表面に網羅されなくなります。実は、私たちの涙には2種類あるといわれています。
感動したときに流す「反射性の涙」と、目が乾燥したときに出る「基礎的な涙」の2種類の涙を用途に応じて出して眼球に潤いを与えているのです。
目に潤いが少なくなると目が乾燥したり、かすみ目へとなったり、ドライアイの症状などを起こしたりします。ドライアイの事態を予防する方法として、積極的にまばたきをすることも大切な方法です。
仕事でパソコンを使用するときはまばたきを増やすことに気を配りましょう。