糖質カットのダイエット方法がトレンドに

糖質カットのダイエット方法がトレンドになっています。
この方法は、ライスやパン、麺類などいったメインをとらず、炭水化物も可能な限り摂取しないことを提唱しているダイエット方法です。
実のところ糖尿病にとっても糖質のコントロールなどには注意が重要です。日本の糖尿病に関連する食事療法などについては、日本糖尿病学会が炭水化物に限って極度に制限することの医学的根拠が不完全であるとした提案を表明しています。“炭水化物を、できる限り控える”という風なダイエット法は、肥満の人に医師が指南するアドバイスの一つとして認識されています。
というのも太っている人は、ほとんど、炭水化物を摂取しすぎる傾向にあるからです。だけど、そのことは医学では認められていることではなく、著者の自説であるといえます。
いくらなんでも過激な説で「医師が言うのはよくない」などの内容の批判の声も上げられています。そういった糖質を大量に摂り過ぎることが、肥満の要因になってしまうのです。
だから摂取量をそれまでの半分、3分の1に変えれば、徐々に減量していくことは推測されます