狙い目

株を始めたての人が株式投資を始める狙い目とは、多くの人が株式投資への関心を失い、株式市場が閑散となっている頃なのです。
このような時期では、どの銘柄もありえないくらい価値が低く株価が放置状態なため、優良銘柄の購入には絶好の時期だと思うためです。株取引の初心者であるのなら確定申告への備えとして、源泉徴収ありの特定口座を開設することをご提案します。
手間のかかる確定申告の作業や調べることにかける時間を短くして、そのかわり、株式投資に関わる情報をかき集めることに時間を使うことができるからです。
株の取引にはリスクが存在します。ですから、株の売買が初めての場合は、まず投資信託で資産の運用を考えるのも良い選択です。
投資信託は資産運用のプロフェッショナルがさまざまな優良投資先に広く小さく分けて投資するので、安全性が高い初心者向きの運用法のひとつとされます。株初心者にとっては、買い方が理解しづらいでしょう。
証券会社の担当者から話を聞かせてもらったり、株式投資を行っている知り合いに相談するなどして、株式の買い方のアドバイスを受けると良いでしょう。また、デモトレードの力を借りて、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。株に投資をしたならば、所得税の譲渡所得や配当所得などを算出した上で、確定申告しなくてはいけません。
例外的に、特定口座の利用をしたときには、こういった税務上の計算は金融機関がやってくれますし、時には確定申告もいりません。
このため、株を始めたばかりの方にとって最もお勧めです。