特に年配の方や子どもの場合には体温調

特に年配の方や子どもの場合には、体温調節がうまく出来ず体内に熱がこもってしまいがちですし、本人が気づかないということもわりとあるため、周囲の人が注意する必要があります。熱中症の主な症状は、軽度であるならば立ちくらみや大量の発汗あるいは筋肉痛などで、このようなときは涼しい場所で安静にすることによって症状は和らぎます。
けれども、熱中症の初期症状に気づかず放置してしまうと症状は急速に悪化します。
また、体温を測り平熱よりも一度以上高ければ熱中症である確率が高いと考えられます。
軽度の場合はしばらく安静にすることで治まりますが、高熱で40度以上、けいれんも起こしているときにはすぐさま病院へ行く必要があります。
しからば、熱中症にならずに済むにはどんなことに気をつけるとよいのでしょうか。
一番効果があるのは、こまめな水分の補給を行うことだと言えます。喉が渇いたと思わなくてもこまめにお茶や水を飲みましょう。
熱中症の要因は、外的要因並びに内的要因に分かれます。
外的要因の場合は、湿度や気温が高い、日差しが強いなどが挙げられます。
また、内的要因の場合には、急な気温の変化に体が対応することができない、寝不足や疲労などが挙げられます。