株を始めたばかりの者は買い方がわからないものでし

株を始めたばかりの者は買い方がわからないものでしょう。
証券会社の社員から話を聞かせてもらったり、株式に投資をしている知人に話しをきくなどして、株式の買い方のアドバイスを受けると良いでしょう。
また、デモトレードを使用して、チャレンジしてみるのもいいかもしれません。
聞いたことがあるとは思いますが、株の売買方法には、現物取引と信用取引があります。やはり初心者にはリスクの高い信用取引は良い取引方法とは言えません。自分の資金内で売買ができる現物取引から始める事をおすすめします。入金した金額より損するリスクがないんですから。また、優待を貰うことを目的とし、長期的に株を保有するのもアリだと思います。
株の初心者の弱点は、ずばり言うと、損切りです。
ついつい上がると思ってしまい、手放さないパターンが多いのです。
または、損はいやだと思って、さらに損失を広げてしまうパターンがあるのです。
絶対とか100%ということはありえないため、損失を最小限にするという事も株投資においては、とても大事な事です。
私は少し前に株を始めたばかりの初心者で、株式初心者用の本を購入し、読み進めています。
参考になった本も多いのですが、「あれれ?こちらの本と書かれていることが違うきがするな?」と多少疑問をもってしまうような本もあったのですが、良い所も駄目な所も全体を勉強していきたいです。
株取引の初心者であるのならあらかじめ確定申告のことを考えて、取引口座を開設するにあたって、源泉徴収ありの特定口座にすることを提案します。面倒な確定申告の申告作業やわからないことを調べる時間をできるだけ短くして、そのかわり、株式投資に関わる情報を集めることに労力を使うことができるからです。