悪化した際には吐き気並びに嘔吐頭痛などの症状が見

悪化した際には吐き気並びに嘔吐、頭痛などの症状が見られ、それ以上悪化すると意識障害のほかけいれんなどの症状が見られ、最悪の場合には死に至る場合もあるほど危険な病気です。一方で、室内にいるから大丈夫ということはできません。
屋内でも浴室などの気温や湿度の高いところや日の光がよくあたり閉めきった部屋の場合でも起こる可能性はあるため、気をつける必要があります。
毎年夏が来ると熱中症で具合が悪くなって医者に診てもらったり、救急車で搬送される人が1日だけで数百人数千人に達したという報道をしばしば見かけることがあります。
熱中症の原因は、外的要因及び内的要因に分けることが可能です。外的要因については、気温や湿度が高い、日差しが強いなどが挙げられます。
また、内的要因の場合には、急に気温が上がったことに体が対応することができない、疲労や寝不足などが挙げられます。
熱中症になったときの症状は、軽度なら立ちくらみに加え筋肉痛や大量の発汗などで、この場合は涼しい場所で安静にすることにより症状は回復します。けれども、熱中症のサインに気づかずそのままにしておくと症状は瞬く間に悪化してしまいます。