悪化したときには吐き気や嘔吐頭痛などの症状が出てさらに

悪化したときには吐き気や嘔吐、頭痛などの症状が出て、さらに悪化すると意識障害及びけいれんなどが起こり、最悪の場合には死に至るケースもあるほど恐い病気です。
それなら、熱中症にならずに済むには何に注意すればよいと思いますか。一番効果があるのは、小刻みに水分摂取を行うことです。
喉が渇いていないときでもこまめに水やお茶を摂るようにしてください。
もしも屋外で長時間作業をしていたときや何かスポーツをしていて具合が悪くなった場合は、すぐさま涼しいところへ移動しましょう。
お年寄りや子供も同様に周りの人たちが注意を払い、できるだけ早く見つけることが重要なのです。熱中症の要因は、内的要因及び外的要因に分かれます。外的要因においては、気温及び湿度が高い、日差しが強いといったことです。
一方、内的要因においては、突然の暑さに体が対応できない、寝不足や疲労などが挙げられます。特にお年寄りや子どもに関しては、体温の調整がうまくできないため、熱が体の中でこもることが多いですし、本人が感じ取ることができないというケースも結構あるので、周りにいる人が注意する必要があります。