今何時が分からない暗い場所で過ごすと

今何時が分からない暗い場所で過ごすと、周期がおかしくなり、1日25時間で過ごすように変更されてしまうことがわかっています。それを地球の自転に合わせて、日々24時間にするよう、我々はいつでも知らず知らずのうちに勉学に励んでいるわけです。
それには、身体を活動させることです。
身体を動かすと、前頭前野が活発化します。まずは朝起床して、身支度などの行為を行うことで脳を覚醒させましょう。『養生訓』では続けて、運動して代謝をあげることは、前頭前野が活発的になり賢くなることにもつながるのです。
「概日リズム」という言葉を聞いてわかりますか?概日リズムとは、おおむね24時間周期を有する生体リズムのことを示します。この「だいたい」というのが侮れず、本当は、人間の肉体はそのままにしておくと25時間周期の生活のリズムになるようにできています。古来より人間の身体は朝に目が覚めて夜に眠くなるようになっています。文明の発展により実現できるようになった、燦々と電気をつけて行動する「夜型生活」は人間の本質には不適当なのです。
けれども、それはあくまでも「知識を増やす」のみであり、前頭前野を活発化させて、プラス思考に考えたり、意見を決定するのに効果的なのではありません。
それならば、前頭前野はどうすれば鍛えることができるのでしょうか?