一年中の第一歩は朝めしから

最近は朝めしに注目が集まり、東京には朝めしプロショップも増えてきています。私も一日の起源はうまい朝めしを食べたい自分だ。自宅でドリップしたコーヒーといった焼きたてのトースト、目玉焼きというカリカリに焼いたベーコン、あとは旬の果実があるという極めて幸せな気分になります。めしのお天道様には、炊き立ての白ごはんに新鮮な生卵をのせて卵かけめしで、味噌汁って焼き魚とお漬物があると最高です。痩身間ということもあり、夜ごはんを控えているので、朝食に関する気が以前にも増して強くなってある。東京で食べられる逸品朝食、初めて食べてみたいなとしてある。
気が付いたら書屋からかりて要る読み物の払戻し期日が過ぎていました。間もなく返しに行こうと思います。
それにしても、最近の書屋は自分が昔に対してフォローが充実しているなぁと思います。自分が児童の内は一回に借りられる読み物は5冊までだったし、月賦間は2ウィークだったように思うのですが(大人も幼児も)、最近の公立書屋は20冊まで3ウィーク借りられる場合も多いようです。便利になりましたねぇ。
近所の書屋はクライアントが多く、昼行くとリーディングを楽しむ高齢において思う存分だ。教え子の着こなしも思い切り見かけます。せっかくみんなのTAXで成り立っている書屋なので、クライアントが多いのはいいことですね。