ユーフォニアムは金管楽器のひとつであり幾重かに巻か

ユーフォニアムは金管楽器のひとつであり、幾重かに巻かれた円錐管と、通常4つの弁を持ちます。柔らかく丸みをもつ音色を奏でます。各々の国によっていろいろな形をしたユーフォニアムが存在します。ピアノとは、弦をハンマーで叩いて音を発生させる鍵盤楽器の一種であり、多くは据え付けて用いる大きな楽器で現代の標準的なピアノは88鍵あり、音域の幅が大きく交響楽団の全音域より広いです。
サックスは大小さまざまな楽器が存在することが知られていますが、それぞれの楽器はほとんど同じ形をしています。
サックスの形状は、吹き口から音の出るほうに向かって、大体一定の割合で太さが増していき、全体の形は円錐の形になっています。トランペットは低音楽器のひとつであり、管は全体としては円錐形だが、全長に対して円筒部分の割合が大きく、楕円状に巻かれ、その中に3つのピストンを持っています。バルブで管の長さを変えることにより音高を変化させます。クラリネットは管楽器のひとつで、一枚のリードを振るわせて音を鳴らす木管楽器であります。
本体は大きく4つに分割でき、上からマウスピース、バレル、管体、ベルと言います。キー装置によって穴を開閉し、広い音域を出すことが可能になりました。