もし長時間屋外でスポーツをするマリンスポ

もし長時間屋外でスポーツをする、マリンスポーツを楽しむ際には30以上のものを利用するようにしましょう。
SPF50以上の日焼け止めもお店で販売していますが、このような日焼け止めを本当に利用する必要があるのは、1日の間ずっと外で何かをするときだけです。つまりおよそ5時間後までの延期が可能になります。
加えて、SPF30だとおよそ10時間後までという意味になります。このことから、犬の散歩、近くの店への買い物など日常生活だけを考えた際にはSPF15のものでも十分です。
ところが、この二つがそれぞれどんな意味があるのかをしっかり言える人は、それほどたくさんいないのではないかと考えられます。
数字は大きい方が効果が望めそうだから、常に大きい数字のものを選んでいるという人もいるはずです。
ここで気をつけなければいけない部分は、SPF15においては15分後、SPF30の場合は30分後とということではないのです。
SPF15であれば日焼けを20分後に始める人は、スタート時間を15倍延期することが可能だという意味合いです。毎年のように紫外線が強力な季節になると、日焼け予防に日傘や帽子に加え日焼け止めを使うという方も多いはずです。
昔であれば日焼け止めは白いミルク状のものが通常でした。