もし外で長時間仕事をしていた場合や何

もし外で長時間仕事をしていた場合や何かスポーツをしていて体調が悪くなった際は、ただちに涼しい場所へ移動しなければなりません。年配者や子供も一緒で周囲の人が注意して、早めに気づいてあげることが重要なのです。さらに、体温を測定し平熱より一度以上高かったとすれば熱中症の恐れが高めです。
軽度の状態であればしばらくの間安静にすれば良くなりますが、40度以上の高熱、けいれんも見られる場合には急いで病院へ行かなければなりません。
毎年夏が来ると熱中症のため気分が悪くなり病院へ行ったり、救急車で緊急搬送される人が1日当たり数百人、数千人いたというニュース番組をよく目にする機会があります。
この外的要因及び内的要因が合わさった際に、熱中症が起こる確率が高くなります。
このことから、気温が梅雨の時期は涼しかったのに梅雨も終わる6~7月に急に暑くなってしまうことによって体が対応できず、熱中症となってしまう人が急激に増加するのです。
悪化すると吐き気のみならず嘔吐、頭痛などの症状が現れ、もっと悪化してしまうと意識障害のほかけいれんなどが見られて、最悪の事例においては死んでしまうこともあるのです。