まず初めに1日のリズムは朝日光をしっか

まず初めに、1日のリズムは朝、日光をしっかりと浴びることにより25時間から24時間に戻ります。
翌日起きてから、改めて問題を考え直した方が良い対処法が発見できるなるべく次の日まで持ち越さないほうが代わりに、日記帳やブログなどに嫌な事を書き入れてストレス解消するのも一つです。
脳科学の立場から見ると、男女ともにどんだけ悲惨な一日でも就寝前にはすっとした気持ちで安らいでおいた方が良いのです。だけれども、我慢できないことが立つ続けにあることもあります。心に重くのしかかり、夜眠りにつくことが出来ない。
それが、ストレスです。ストレスで寝不足だと、うつ病になることがあります。鬱には寝すぎてしまう「過眠」といった症状が生じることもあります。たとえば、女性の場合、一般的に男性に比べて、コミュニケーション能力が高いので、同性の友人にその日の嫌な出来事を話して愚痴を聞いてもらうというのが得策です。
しかし、そのような場合に、夫や彼など異性のパートナーに話すのはお勧めしません。
夜、ベットに入っても即座に就眠できない。もやもやとした時間を過ごした挙句、日出ころに何とか眠りにつき、朝は遅刻ギリギリの時間でないと眠りから覚めない。
こんな出来事ありませんか?