そんなわけで大人にとっても翌日疲れが残っていな

そんなわけで、大人にとっても翌日疲れが残っていないようにするために眠る事は大切です。
だが、だんだん年を取ると、なかなか睡眠に入れない、眠れない、夜目を覚ましてしまう、と訴える人が増加しています。
おねしょが治らない子はたいていバソプレシンの分泌が不足しています。
そういう場合、無理による起こしてトイレに行かせるとますますリズムが崩れてしまうので、早寝早起きを意識し、昼には体力を消耗させ眠るという規則正しい毎日を過ごせば、小学校に上がるまでには治ることがほとんどです。
たいていの人は就寝中は尿量は少なくなります。
それは、脳にある「下垂体」から「バソプレシン」と呼ばれる抗利尿ホルモンが夜の方が多量に作られ、尿の量を少なくするよう浸透圧を統制しているからです。
「人間が健康で長い人生を歩むには1日トータルで7時間(6時間半以上7時間半未満)の眠る時間が最適」ということが証明されていますが、当然、おさな子のケースはもっと必要となります。
成長ホルモンの分泌は20歳程度をピークにして年々減少していきますが、成年者でも夜寝ている間には成長ホルモンが放出されています。大人のケースの成長ホルモンは、昼間に酷使した筋肉の回復など、体の状態を元に戻す役回りを行っています。