かにの種類はいろいろありますが最もおいしいの

かにの種類はいろいろありますが、最もおいしいのはどのかにかという話題になりますが、答えはいつも決まっています。
ズワイガニです。
ズワイガニのすごいところは、産地の名がそのままブランドになっていることです。
それぞれの地域を代表するかになので、鳥取に松葉ガニあり、福井に越前ガニありで、地域の名がつくようなズワイガニは、味の保証ができます。
他の産地より高いのには目をつぶっていただき、そうしたブランドのかには味噌もおいしいのです。
他の水産物でも同様ですが、蟹も実は水揚げできる時期が限られています。
省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、漁をその期間のみに抑えるという規制がなされています。旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことをオススメいたします。
毛蟹の選び方、チェックポイントをお話しします。
一番のポイントは水揚げされた時期です。
寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まったこの時期に獲れた個体を買いたいものです。その次に重視したいのは見た目の色艶、持ったときの量感です。
なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。
持ったときの感じで、身の詰まり方などよくわかるでしょう。実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことでよいかにを売っている可能性が高いです。
モクズガニはズガニと呼ばれることがあります。
正式名称はモクズガニの方です。
どちらかというとモクズガニの方が思い当たる人も多いかもしれません。この蟹は河川で生息しており、とりわけ鋏に生えている毛が特徴的です。
そして、甲羅が手のひらの大きさより一回り小さいほど小ぶりなのですが、にもかかわらず、比較的脚が長いことが特徴として挙げられます。
多くは味噌汁にしたり、炊き込みご飯にしたりして食べられています。
ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。
最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹のふんどしを外します。
これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。
包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。
腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。ここは結構力が要ります。
胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。
胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。
これにて蟹の捌き方はおしまいです。
どうですか、意外と簡単でしょう。