お宝やらバッグやら

今日は保留に待った無料市場の日。共にハンドメイドブースがいる。私も何か作って出せれたらいいな。無料市場は短いから玉石混淆買って仕舞う。今度はフトコロを毎日内容とお小遣い用途に分けようかな。フトコロを買わないかんな。欲しかったハンガーを並べる。並べるものを総量雑誌あれこれ下さいと言った。お店のそれぞれがまだあるよと裏のクルマから袋いっぱいにハンガーを出してくれた。全部で300円で買い占めた。買ったのはいいが、俺は自転車で来ているから乗じるかどうか負担。ついに紐にくくりつけて往路15隔たり程度の移動をこいで帰る。前後に大家財道具を乗せて後ろめたい。一生何を選択するかが大事だとおもう。
外食をする機会が少なくなってきているインナー、肉親やおばさん個々も気軽に入れる100円すしサイクルは、週末になると、普段よりも賑わいを見せてある。
お寿司の握りヤツに違いがあることがある番組で紹介され、お客がどのようなお寿司の食べ方をするかによって、すし職人がシャリの固さを変えて握っていることをはじめて知りました。 みなさんは、ご存知でしたか?
すし職人は、箸として取るお客様には硬く、手で食するお客様には手厚くシャリを握ってある。
すし職人の心遣いに感謝して、美味しいお寿司をいただきましょう。